スポンサーサイト

--/--/-- --:--│ タグ: スポンサー広告 │ Comments(-) │ このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ティラノ剣山(36)「お弁当温め・・・兄貴?」 十代「剣山?」

2013/02/28 18:26│ タグ: SS Comments(3)このエントリーをはてなブックマークに追加

1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 22:07:02.05 ID:alkiMHJX0

剣山「久しぶりザウルスねアニキ」

十代「お前コンビニでバイトしてたんだ」

剣山「世の中不況だドン。アニキこそ何してるザウルス?」

十代「三十過ぎて語尾にドンとかザウルスとかやめろよ」

剣山「癖は治せないドン」

十代「・・・」

剣山「アニキ」

十代「どうした?」

剣山「俺たちがアカデミアで学んできた事って何だったんだドン?」

十代「さあな・・・何だったんだろうな」




5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 22:09:57.62 ID:9gYQzc+D0

プロ養成学校じゃないのか


7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 22:10:48.40 ID:alkiMHJX0

剣山「アニキはプロにならないザウルス?」

十代「柄じゃねえもん。お前は?」

剣山「どこもスポンサーになってくれなかったドン」

十代「・・・」

剣山「何故ザウルス?」

十代「そりゃお前」

剣山「俺だって一生懸命してたドン!それなのに何ザウルスか!!」

十代「落ち着けよ。な?」

剣山「フゥ・・・フゥ・・・」


8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 22:11:51.27 ID:h4Y7DV/7O

カード遊びが将来何の役に立つんだよってうちの親父が毎週言いながら俺が見てるのにツッコんでたな


10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 22:14:22.99 ID:RAThawaY0

十代はまぁプロになれなくても人間辞めてるから問題ないだろうな


11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 22:14:32.68 ID:c1rVcn160

40手前で十代とかキツいな…


12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 22:15:02.47 ID:alkiMHJX0

十代「翔もエドも万丈目も活躍してんだぜ。ほら」

剣山「丸藤先輩・・・強くなったドン」

十代「翔は元々伸びるタイプだったから」

剣山「俺だってアニキや万丈目先輩が卒業した後みんなを率いてたザウルス」

十代「へえ凄いな」

剣山「けど二人のようなカリスマ性が無いから次第に付いて来なくなったドン」

十代「・・・」

剣山「アニキ俺は」

十代「家来いよ剣山」

剣山「ア、アニキ」


15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 22:17:58.06 ID:alkiMHJX0

十代「ただいま」ガチャッ

明日香「どこ行ってたのよ十代」

十代「ハハッ。剣山に会ってさ」

剣山「明日香先輩久しぶりザウルス!」

明日香「ちょっと十代」

十代「ん?」

明日香「只でさえ家計が苦しいのに居候は」

十代「いいじゃん別に。なあ剣山」

剣山「迷惑はかけないドン!」


17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 22:21:49.99 ID:alkiMHJX0

剣山「明日香先輩と結婚したザウルス?」

十代「結婚?してねーよ」

剣山「って事はアニキも」

十代「居候だよ。一緒だぜ俺もお前も」

吹雪「そしてこの僕もだよ剣山くん!」

剣山「あ、吹雪先輩だドン」

十代「な?ここなら心細くないだろ」

剣山「ありがとうザウルス!アニキ!」

吹雪「僕も十代くんもニートだからね。君はまだマシな方さ」


20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 22:23:35.02 ID:DTt1oBbzO

吹雪ェ


21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 22:24:29.06 ID:0M48hRy60

吹雪さん…


23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 22:26:57.85 ID:alkiMHJX0

剣山「へえ明日香先輩がカイザーと」

吹雪「うん」

剣山「てっきりアニキと良い仲になったと思ったドン」

十代「・・・」

剣山「アニキ?」

吹雪「剣山くんそれは言っちゃダメだよ」

十代「いいよ吹雪さん。覚えてるか剣山?俺がもう人間じゃない事」

剣山「あ・・・」

十代「結婚もできねえし人並みに死ぬ事だってできねえと思う」

剣山「アニキは人間ザウルスよ!」

十代「そう思うか?現にあの頃から見た目も変わってないだろ俺」


25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 22:28:41.98 ID:9gYQzc+D0

えっ


26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 22:29:14.15 ID:DXp6qgXa0

ユベルがいるからいいじゃないか


29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 22:30:21.57 ID:alkiMHJX0

十代「ここが俺の部屋。まあ寛いでくれ」

剣山「狭いドン。この機械はなんザウルス?」

十代「これか?これは」

三沢「それは俺のだ」

剣山「三沢先輩!居たドン!?」

三沢「ああ!」

十代「半年ぐらい前に見つけて拾ったんだぜ」

三沢「感謝してる十代には」

剣山「三沢先輩もニートだドン?」

三沢「ちゃんと働いてるぞ!ただ宿無しなだけだ!」


33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 22:33:20.90 ID:alkiMHJX0

剣山「この猫も変わらないザウルスね」

ファラオ「・・・」ブッ

大徳寺「十代くんそろそろ働いた方がいいにゃ」

十代「いいっていいって」

ユベル「十代。少しはあいつは見習ったらどうだ」

三沢「・・・」カチャカチャ

ユベル「な?」

十代「やめろよ親かよ先生もユベルも」

剣山「また独り言だドン。アニキはちっとも変ってないザウルス」


40: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 22:36:45.23 ID:alkiMHJX0

吹雪「大変だ十代くん!亮が帰ってきたぞ!!」

十代「やべえな。来い剣山!」

剣山「は、はいだドン!」

十代「ちゃんと挨拶するんだぞ」

剣山「大丈夫ザウルス」

十代「カイザーの機嫌損ねたらアウトだからな」

吹雪「ほらちゃんと服着て」


43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 22:38:47.35 ID:t0QcuCCI0

もう一回遊べるドンwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 


44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 22:40:23.29 ID:alkiMHJX0

亮「また居候を増やしたのか十代は」

明日香「ほら剣山くんって居たでしょ?あの子よ」

十代「カイザー!こいつだよ剣山は」

剣山「ティラノ剣山だドン!よろしくザウルス!」

亮「お前職業は」

剣山「コンビニでアルバイトをしてるザウルス!」

亮「・・・そうか」

吹雪「大丈夫だよ今日まで僕や十代くんを養って来たじゃないか」

十代「今さら居候が増えても大丈夫だぜカイザー!」

亮「・・・」


49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 22:44:06.55 ID:alkiMHJX0

剣山「さすがはカイザーだドン。人情に厚いザウルス」

十代「この家に金さえ入れりゃ問題無いんだって。なあ」

三沢「ああ!」

剣山「この部屋にも居候がいるドン?」

十代「そこは子供部屋だ」

剣山「子供部屋?」

三沢「結婚してるんだ子供だって居る」

十代「6人だぜ6人」

吹雪「今さら剣山くんが増えても家計が火の車だという事は変わりないんだよ」


53: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 22:47:41.60 ID:alkiMHJX0

翔「へえ剣山くんが」

十代「コンビニでバイトしてるんだぜ」

翔「あんまりお兄さんや明日香さんに迷惑かけちゃダメっすよ兄貴」

十代「解ってるって心配すんなよ」

翔「じゃあ僕はこれで切るよ。剣山くんと吹雪さんにヨロシクね」

十代「今日のデュエル楽しみにしてるぜ翔!」

翔「うん。またね兄貴」


57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 22:52:14.60 ID:alkiMHJX0

剣山「何を作ってるんだドン?」

三沢「そうだな新型デュエルディスクってところか」

剣山「新型?」

十代「何か血迷って走ってデュエルするんだとよ」

三沢「異世界での戦いで学んだ事だ。乗り物に乗ってのデュエルなら楽に行ける」

剣山「それで三輪車を改造してるドン?」

三沢「ああ!」

十代「前にカイザーの車を改造してら怒られてさ三輪車ならセーフだろ?」

剣山「けどあり得ないザウルス。乗り物に乗ってデュエルだなんて」

三沢「俺の予想ではあと数年もしたらこれが流行ると思っている」

剣山「本当だドン?」

三沢「ああ!」


66: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 22:58:43.02 ID:alkiMHJX0

剣山「三沢先輩が羨ましいザウルス」

十代「夢があるもんな」

剣山「吹雪先輩は」

十代「今日もサーフィンに行ったよ。自由奔放なんだあの人」

剣山「アニキは夢ってあるザウルスか?」

十代「昔はあったさパイロットだプロデュエリストとかさ」

剣山「俺にもあったドン」

十代「旅していくうちに夢も何も無くしちまったよ」

剣山「どうしてザウルス?」

十代「内戦や飢餓、俺たちが当たり前のように暮らしてる現実とはかけ離れててさ」

十代「そんな光景突きつけられてもみろよ?夢なんて無くすぜ」


69: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 23:03:51.46 ID:alkiMHJX0

明日香「ちょっと十代」

十代「どうした?飯か?」

明日香「これはどういう事よ」

十代「三輪車だろ」

明日香「勝手に改造していい加減にしなさい」

剣山「アニキじゃないドン!これは」

三沢「俺の責任だ!」

十代「これは三沢の夢がかかってる希望の三輪車なんだぜ明日香」

亮「明日香ここは」

明日香「亮は黙ってて」

亮「・・・」

明日香「今すぐこれを元に戻しなさい!」


71: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 23:06:48.96 ID:alkiMHJX0

三沢「俺の結晶が・・・」

十代「悪かったな三沢」

剣山「自転車拾ってきたドン!これを使えばいいザウルス!」

三沢「自転車か。なるほどいいアイディアだ」

十代「あんなに怒ることねえのに」

剣山「そのうち追い出されるザウルス」

十代「吹雪さんだって今日まで生きながらえてるんだ俺何てまだセーフだぜ」


75: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 23:10:46.51 ID:alkiMHJX0

万丈目「ああーっ!俺のチャリが!」

おジャマイエロー「きっと兄貴のファンが盗んだのよ」

万丈目「一体誰だ!この万丈目サンダーの自転車を盗んだ奴は!?」

吹雪「万丈目くん?久しぶりだね」

万丈目「吹雪さん・・・師匠!」

吹雪「日本に戻って来たのかい?」

万丈目「十代のアホが天上院くんに迷惑をかけてると噂を聞いて」

吹雪「ハハッ。乗りなよ家まで送ってあげるよ」

万丈目「へえポルシェですか」

吹雪「ファンからの贈り物さ。まあ僕はニートだけどね!」


76: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 23:12:15.25 ID:4ELObEmp0

>ファンからの贈り物さ。まあ僕はニートだけどね!

言ってみてえ


81: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 23:15:23.46 ID:alkiMHJX0

万丈目「十代!居るか!?」

十代「その声は万丈目!」

万丈目「お前はいつまでニートをやっているつもりだ!」

十代「硬い事言うなよっていうか靴脱げって」

万丈目「あ・・・」

剣山「万丈目先輩だドン!」

万丈目「それ俺のチャリだろ返せ!」

三沢「断る!」

十代「自転車の一つや二つでガタガタ言うなよ。プロ一位が泣くぜ?」

万丈目「くっ・・・」


85: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 23:18:22.56 ID:alkiMHJX0

十代「・・・」ガサガサ

明日香「何漁ってるのよ」

十代「万丈目にビールの一つでも」

明日香「やめなさい」

十代「・・・」

剣山「ここは大人しく引くのが得策だドン」

十代「明日香冷たくなったよな」

剣山「アニキ達がしっかりしないからザウルスよ」

十代「そりゃそうだけど・・・」


86: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 23:19:05.51 ID:Edtyq48d0

いや剣山バイト暮らしなら家あるだろが帰れよ


89: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 23:22:22.20 ID:alkiMHJX0

十代「エドもヨハンも頑張ってるのか」

万丈目「まあ俺の足元にも及ばないがな」

剣山「いつもギリギリだって噂だドン」

万丈目「う、うるさい!だが俺は勝ち進んでいるだろうが!」

十代「へえ」

剣山「でも暇ザウルスね?」

万丈目「お前達が天上院くんに迷惑をかけてないか見に来ただけだ!それに」

十代「それに?」

万丈目「デュエルアカデミア廃校になるらしいぞ」

十代「は、廃校?」


93: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 23:25:29.20 ID:alkiMHJX0

万丈目「最近じゃ一つの街にアカデミアがあるぐらいだからな」

十代「それで」

剣山「確かにあんな孤島に行く意味もないドン」

十代「卒業してから何年になる」

万丈目「20年近くになるな」

十代「そんなに経っちまったのか・・・変わらねえな俺って」

剣山「アニキ以外の同期生はみんなオッサンになったザウルス・・・」


97: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 23:30:00.47 ID:alkiMHJX0

「ふぅん。これが新型デュエルディスクと言うのか?」

三沢「はい!今はまだ自転車ですけど何れは発展させていきます!!」

「乗りながらデュエルって危険だぜ。さすがに」

三沢「カードが進化する如くデュエルもまた進化するのです!」

「どうする兄様?」

「良かろう!貴様のその研究を我が社が全面的にバックアップさせてもらうぞ!」

三沢「あ、ありがとうございます!」

「良かったな。お前なんて名前だっけ?」

三沢「三沢・・・三沢大地です」


105: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 23:33:37.32 ID:alkiMHJX0

三沢「十代聞いてくれ!俺の発明・・・」

十代「帰ってきたか三沢」

三沢「どうしたんだ一体?」

万丈目「俺たちはデュエルアカデミアに行く」

剣山「廃校になるらしいザウルス」

三沢「そうか・・・廃校に」

十代「俺に何かあるのか?」

三沢「俺の発明が認められてさ」

十代「本当か?やったぜ三沢!」

剣山「努力が実ったドン!」


115: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 23:39:35.36 ID:alkiMHJX0

クロノス「廃校になるノーネ・・・ハァ・・・」

十代「ため息なんて付いちまってどうしたんだよ先生?」

クロノス「その声は」

万丈目「久しぶりだなクロノス教諭」

クロノス「感激なノーネ!それにしてーも見た目が変わってないノーネ!?」

十代「ヘヘヘ」

剣山「本当に廃校になるザウルス?」

クロノス「経営も厳しくなっているノーネ。だから・・・」

剣山「やっぱり・・・」

クロノス「今年いっぱいなノーネ・・・」


119: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 23:44:02.66 ID:alkiMHJX0

万丈目「万丈目サンダー像にガッチャ十代像か」

クロノス「君たち二人ーは名実共にこの学園のリーダーだったノーネ」

剣山「二人は俺たち後輩にとってカリスマだったドン」

十代「だとさ」

万丈目「ふん」

十代「なあ先生。生徒ってまだ居るんだろ?」

クロノス「ボツボツと」

十代「じゃあみんな集めてくれよ。俺と万丈目がデュエルするって」

万丈目「何だと!?」

剣山「本気ザウルスか!?」

十代「ああ」


122: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 23:48:04.89 ID:alkiMHJX0

十代「少ないな俺たちが居た頃よりも」

万丈目「仕方がない経営的にヤバいんだから」

クロノス「しっかり目に焼き付けておくノーネ」

剣山「アニキと万丈目先輩のデュエル」

万丈目「最初に言っておくが俺はあの頃の俺とは違うぞ!」

十代「解ってるって」

剣山「俺もこのデュエルを目に焼き付けるドン・・・そして」

十代「行こうぜ万丈目!」

万丈目「来い十代!」

十代・万丈目「デュエル!!」


125: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 23:51:54.93 ID:alkiMHJX0

翔「僕のターン・・・ん?」

エド「どうした」

翔「感じないかい兄貴と万丈目くんのデュエルを」

エド「・・・まさか十代と万丈目が!?」

レイ「どうしたんだろあの二人?」

マルタン「デュエル中なのに止まって」

ヨハン「十代と万丈目がデュエルしてる。多分どこかで」

レイ「十代様が!?」

ヨハン「感じるんだあの二人のデュエルを」


129: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 23:55:07.69 ID:alkiMHJX0

カレン「・・・」ピクッ

ジム「カレン?」

オブライエン「ジムあれを見ろ」

ジム「oh・・・十代」

オブライエン「デュエルアカデミアの方角だ恐らく十代と万丈目が」

ジム「十代・・・」

オブライエン「・・・」


133: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/22(金) 23:59:41.66 ID:alkiMHJX0

十代「荷物はこれでいいか」

吹雪「それでどっちが勝ったんだい?」

剣山「秘密だドン」

吹雪「にしても二人揃って出て行くなんて」

十代「俺決めた。今度こそヒーローになるって」

剣山「アニキが宇宙を救うヒーローなら俺は地球を護る恐竜さんになるザウルス!」

明日香「気を付けなさいよ十代、剣山くん」

亮「お前達の部屋開けておくからな」

吹雪「またね二人とも」

剣山「お世話になったドン!」

十代「じゃあな!また会おうぜ!ガッチャ!!」


137: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 00:05:14.89 ID:agmocxr20

翔「それでどっちが勝ったんすか?」

万丈目「・・・」

翔「万丈目くん」

万丈目「そんなこと一部の奴らが語り継げばいいだけの話だ」

エド「負けただろ?」

万丈目「ノーコメントだ」

翔「ねえ」

万丈目「ええい!うるさい!!」


141: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 00:09:21.33 ID:agmocxr20

隼人「十代?」

ペガサス「隼人ボーイ」

隼人「いえ何でもないんだな」

ペガサス「隼人ボーイの考えたシンクロモンスター実にいいデース」

隼人「モンスターも次の段階に進まないとダメなんだな」


142: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 00:12:24.14 ID:agmocxr20

十代「ここでお別れだな」

剣山「アニキも頑張れドン!」

十代「またな」

剣山「そうだアニキ!どうやって宇宙に」

剣山「・・・アニキ?どこ行ったんだドン」

剣山「消えるのが早いザウルスねアニキは」


144: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 00:17:33.47 ID:nCY0JrKx0

今どこ・


145: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 00:19:23.79 ID:gRVDyH5S0

地球ん中


146: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 00:21:29.49 ID:nCY0JrKx0

宇宙飛行士じゃないから


147: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 00:23:27.32 ID:agmocxr20

十数年後

十代「ティラノ剣山募金・・・あいつ頑張ってるんだな」

十代「って言うかネオドミノシティって何だよ!?」

「ジャンク・ウォリアーを召喚!」

十代「これが最近のモンスターか?」

「あ、はい」

「誰だよ見かけねえツラだな!」

十代「遊城十代。って言うか口悪いなお前子供のくせに」

「おい待て貴様!」

「やめろ。あの人は遊城十代さんだ」

「知ってるのか?」

「武藤遊戯さんに並ぶデュエリストだ」


153: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 00:38:40.44 ID:agmocxr20

十代「裕福なシティと貧相なサテライトか・・・変われば変わるもんだな」

ハネクリボー「クリクリ」

十代「どうしたハネクリボー?」

大徳寺「迷子らしいにゃ」

十代「どうした?」

「パパとママとはぐれて迷子になったんだ」

「う、うん・・・」

十代「大丈夫か?そうだこれあげるぜ」

「クリボン?」

十代「ラッキーカードだ。そいつが君たち二人を導いてくれるぜ」

「いいなー俺も欲しいなー」


158: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 00:47:41.79 ID:4RH2G/j10

良かった・・チュチュチュチューニングのほうじゃないようだ


167: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:10:52.11 ID:agmocxr20

「十代くん」

十代「あ、貴方は」

「久しぶりだね」

十代「変わっちゃいましたねこの街も」

「うん。けどきっと再び元通りに戻るよ」

十代「・・・そうですね」

「この街に居る子供達が未来の希望になるって僕は信じてるよ」

十代「そうですよね」

「うん。君はこれからどうするの?」

十代「仲間達のところに帰ろうと思ってます。そこが俺の居場所ですから」


168: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:17:22.99 ID:agmocxr20

剣山「本当に帰って来るドン?」

翔「みんなも夢でみたんでしょ?ねえ明日香さんお兄さん」

明日香「うん。十代が帰って来るって」

万丈目「帰って来るなら早くしろ十代!」

隼人「みんな!あれを見るんだな!」

吹雪「十代くん!」

翔「兄貴!」

剣山「アニキが帰って来たドン!」

十代「みんな・・・老けたな」

翔「それはいいっこ無しっすよ兄貴」

万丈目「ったく遅いぞ十代」


169: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:19:44.79 ID:9gUcgCb20

ここまでキモイルカの出番なし


170: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:26:14.22 ID:nCY0JrKx0

今どこ?
キモイルカ「ストレージん中」


171: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:26:27.13 ID:4ylgAM5N0

これからもなし


172: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:27:06.11 ID:agmocxr20

十代「本当に変わってねえなこの部屋」

亮「お前との約束だからな」

隼人「どうだったんだな旅は」

剣山「教えて欲しいザウルス!」

十代「それより腹減った明日香」

明日香「十代の好きなエビフライよ」

十代「本当か!?」

三沢「ああ!」

吹雪「さあ沢山食べるんだ十代くん」

万丈目「連絡もよこさず突然帰って来て。それが貴様らしいというか何というか」

翔「とにかくお帰りなさい兄貴」

十代「ただいまみんな。飯食い終わったらデュエルしようぜ!ガッチャ!!」




174: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:30:14.91 ID:Urz3Auwa0



175: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:30:47.89 ID:8Alk897C0



176: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:31:19.29 ID:LlP2VPng0

アブソリュートZERO強いぜ
アニメ十代のデッキではないけど


177: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:40:29.25 ID:OEFs2Jx5O

ガッチャ!


178: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 01:52:33.52 ID:ah3/iyFI0

面白かった(KONAMI)


179: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/02/23(土) 02:01:48.67 ID:s2S6MYTn0

スレタイに反していい話でワロタ
超乙


関連記事
スポンサーサイト

相互サイトオススメ記事!

Powered By 画RSS

人気オススメ記事!

ここにコメントをしてね!

ここにコメントをしてね!


1970 名前:名無しd 投稿日時: 2013/02/28 22:05  (木)


イイハナシダナー

2127 名前:名のない1キル厨 投稿日時: 2013/03/10 09:03  (日)


ガチでいい話で驚いた

6540 承認待ちコメント名前: 投稿日時: 2014/12/02 02:49  (火)


このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿






管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://47254725.blog60.fc2.com/tb.php/1088-87a7ce78


Back to Top













上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。